奨学金

奨学金 保証人など

おはようございます!クロゴマです( ´_ゝ`)ノ

先日、奨学金の種類などについてお話しました!(前回の記事読んでね!)

今回は奨学金を借りるのに際して必要になってくる保証人についてお話ししたいと思います。

保証人について

皆さんご存知かもしれないですが、奨学金を借りるには保証人が必要になります。

大きなお金を借りるわけですから当然っちゃ当然ですよね(*・ω・)

保証人になってくれる方がいる人はこの記事は読まなくてもいいかもしれないですね。

「奨学金を借りたいけど誰も保証人になってくれる人がいない('A`|||)」

という人はさんこうになるかもです。

★保証人になってくれる人がいない場合、【機関保証制度】というものがあります。

機関保証制度とは、保証料を支払うことによって法人が連帯保証人の役割を果たす制度。です!!!

私もこの機関保証制度を利用して奨学金を借りています。

上記でも説明したように、機関保証を利用するには保証料というものがかかります。

どのくらいかかるかというと、保証料は借入額が多いほど、また返済期間が長くなるほど高く、

信用保証会社によって料金が異なります。

機関保証制度にはこういう一文もあります、、、

信用保証会社は、債務者が債務不履行に陥った場合、その残債務を債務者に代わって債権者に対し一括で立て替え、債務を清算する契約となっている。これによって債務者の債務が免除されるわけではなく、以降の取引は代位弁済した信用保証会社が取引窓口となり、弁済した信用保証会社へ返済義務を負うことになる。」

簡単にいうと、返せる予定だった借金が不都合により返せなくなった時代わりに機関が返しときますよ!ただ返済をしなくていいわけではなく機関に返済額を払ってね!

ということです。

機関保証の保証料は奨学金から支払われますのでお気を付けください。

といってもそこまで大きな金額でもないので大丈夫だとはおもいますが(*・ω・)


ここまで奨学金についてお話してきましたがお役に立ちましたでしょうか?

では最後まで読んでいただき感謝ですヾ(´ω`=´ω`)ノ


奨学金について

おはようございます(*・ω・)ノ

さて、昨日から本格的にブログを始めたはいいものの何を書こう、、、

ダウンロード

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回は、入学シーズンということで奨学金について書いていきたいと思います。

進学するにはたくさんのお金がかかりますよね?

・入学金
・授業料
・教科書、参考書代
etc

親御さんがこつこつ貯めてくれている家庭なら何も問題ないですが、専門学校でさえ卒業までに3~400万ほどかかります。

大学となるとそれ以上かかるでしょう。それほどの大金を貯めるのは容易ではありません。

「進学したい!でもお金がない。」そんな時に出てくるのが奨学金です。

そもそも奨学金とは?

奨学金について調べている人はもう知っているかもしれませんが、簡単に言うと

学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与する借金

です。

やはり借金ですので将来返済する必要があります。

奨学金の種類

では、奨学金には大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。

その種類とは、、、

・返済時に利息が発生しない「第一種」
・返済時に利息が発生する「第二種」

です。

それでは一つずつ説明していきます。

まず「第一種」について。

こちらは、国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生・生徒が対象です。

上記でもお伝えした通り、無利息で借りられる奨学金です。

将来の返済額は借りた分だけ返せばいいのです。

しかし、そう簡単に借りられる訳ではないのです。

この第一種は、「
特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人」にのみ貸与されるのです。

無利息なだけあって選考は厳しめです。

次に「第二種」についてお話します。

貸与対象となるのは第一種と同じです。

しかし、第一種と大きく違うのは第二種には利息が発生するということです。

では、どのくらいの利息が発生するの?

年(365日あたり)3%を上限とする利息付です。なお、在学中は無利息です」と奨学金のサイトには記載があります。

こちらの第二種の奨学金は第一種と比べると選考はゆるめです。

ここまでが第一種と第二種の説明になります。




次回は奨学金の保証人や返済はいつから?などもう少し詳しく話していきたいと思います。

ここまで読みにくかったとは思いますが最後まで読んでいただき感謝ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
スポンサードリンク
アーカイブ
お問い合わせ

名前
メール
本文