おはようございます(*・ω・)ノ

さて、昨日から本格的にブログを始めたはいいものの何を書こう、、、

ダウンロード

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回は、入学シーズンということで奨学金について書いていきたいと思います。

進学するにはたくさんのお金がかかりますよね?

・入学金
・授業料
・教科書、参考書代
etc

親御さんがこつこつ貯めてくれている家庭なら何も問題ないですが、専門学校でさえ卒業までに3~400万ほどかかります。

大学となるとそれ以上かかるでしょう。それほどの大金を貯めるのは容易ではありません。

「進学したい!でもお金がない。」そんな時に出てくるのが奨学金です。

そもそも奨学金とは?

奨学金について調べている人はもう知っているかもしれませんが、簡単に言うと

学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与する借金

です。

やはり借金ですので将来返済する必要があります。

奨学金の種類

では、奨学金には大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。

その種類とは、、、

・返済時に利息が発生しない「第一種」
・返済時に利息が発生する「第二種」

です。

それでは一つずつ説明していきます。

まず「第一種」について。

こちらは、国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生・生徒が対象です。

上記でもお伝えした通り、無利息で借りられる奨学金です。

将来の返済額は借りた分だけ返せばいいのです。

しかし、そう簡単に借りられる訳ではないのです。

この第一種は、「
特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人」にのみ貸与されるのです。

無利息なだけあって選考は厳しめです。

次に「第二種」についてお話します。

貸与対象となるのは第一種と同じです。

しかし、第一種と大きく違うのは第二種には利息が発生するということです。

では、どのくらいの利息が発生するの?

年(365日あたり)3%を上限とする利息付です。なお、在学中は無利息です」と奨学金のサイトには記載があります。

こちらの第二種の奨学金は第一種と比べると選考はゆるめです。

ここまでが第一種と第二種の説明になります。




次回は奨学金の保証人や返済はいつから?などもう少し詳しく話していきたいと思います。

ここまで読みにくかったとは思いますが最後まで読んでいただき感謝ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
<div style="text-align:center;"> スポンサードリンク
</div>